• 胸焼けしやすい両国の人は消化器内科で診てもらう

    飲み会に参加し、お酒を飲んだり、脂っぽい食事を摂る機会が多いせいか、胸焼けしやすく、苦い水が上がってくる感触もあるので気持ち悪いと感じている両国の人は、お近くの消化器内科を受診するようにしてください。


    それ以外にもげっぷや吐き気、食べ物がつかえやすいなどの症状もあるなら、逆流性食道炎の疑いがあるので、早めに治療を受けることをおすすめします。


    暴飲暴食をしている人や、食べたらすぐに横になる人、肥満体型の人などは逆流性食道炎になりやすいので、市販の薬を飲んでも効果がないときは、両国の消化器内科に頼りましょう。お医者さんが診察と検査を行った後、その人に合った薬を処方してくれるので、市販の薬よりも高い効果を期待できます。両国の消化器内科で検査を受け、逆流性食道炎と判明した場合は、胃酸を抑える薬や、胃の動きを良くして、胃酸や食べ物を下に流す薬を処方してくれます。

    両国にある消化器内科について興味がある方にオススメのサイトです。

    漢方薬を出してくれるクリニックもあるので、用法用量を守って飲むようにしましょう。食道がんになると、胸がしみるように感じたり、痛みがあったり、のどが詰まるような感覚がありますが、食道炎に似ているので、大したことはないと思い込み、そのままにする方も少なくありません。



    胃カメラを行えば、がんを発見できるので、食道炎のような症状が長く続く方は両国の消化器内科に行くようにしてください。



    サイズが2cm以内の早期がんなら、内視鏡で切除できることがあるので、手遅れになる前に検査を受け、発見することが大切です。